スポンサードリンク

2015年08月05日

八海山 麹だけでつくったあまさけが口コミで評判、冷たい甘酒は夏バテ防止の知恵

八海山 「麹だけでつくったあまさけ」口コミ評判で良さそうです。

あまざけでなくあまさけ、冷たいあまさけは夏バテ忘れの知恵なのだそうです。
原料は水と麹、それだけなのだそうです。
酒粕を含まず、ノンアルコールだから、お酒の風味が苦手な人にも美味しく飲むことが出来そうです。子どもにも飲みやすく、家族みんなで気軽に楽しめます。

夏は冷やし甘酒、しょうがやレモンなどでお好みにアレンジ。牛乳、豆乳、野菜ジュースで割るのもオススメだそう。もちろんホットにも。
砂糖を使わない。自然でスッキリした甘さです。
糖の分解酵素の働きで米のでんぷんを糖化。日本らしい甘さで、ホッと癒されそう。

なぜ、夏に甘酒? 甘酒といえば、寒い時期にポカポカの甘酒で体を温めるというイメージがあるのですが・・
そういえば、最近スーパーの店頭でビン入りの甘酒が売られているのを見ました。しかもけっこう目立つように置かれていたのです。
今、夏にも甘酒を飲むことが流行ってるというか、見直されているのでしょうか。

江戸時代は甘酒は夏の風物詩だったそうです。
栄養不足の庶民が多く、夏を乗り越えるのも大変な時代、江戸や京都を中心に大人気だったそうです。
砂糖たっぷり、添加物たっぷりの清涼飲料水をがぶ飲みするより、夏のあまさけ。 粋ですね〜。


posted by 健康オタク at 17:56| 酵素 酵母 発酵食品など

     スポンサードリンク