スポンサードリンク

2015年04月04日

エゴマ油や亜麻仁油などに含まれるαリノレン酸、ω-3脂肪酸の効果や効能が口コミで評判

エゴマ油、アマニ油、エキストラバージンオリーブオイルなどの健康効果口コミ評判で良さそうなのです。

これらの油に含まれるαリノレン酸が健康にとても良いということで最近注目されています。
体内でα-リノレン酸を原料としてEPADHAを生産することができるそうです。
α-リノレン酸、EPA、DHAは栄養学的に必須なω-3(オメガ-スリー)脂肪酸です。

いろいろ食用油の事を調べていてわかったですが、油の摂取は人間に大きな影響を与えているのだということです。
例えば、20世紀に入って増えているうつ病などもその一つのようです。
ω-6脂肪酸を多く含む植物油の摂取が増加したことと軌を一にしているのです。
ω-3脂肪酸ω-6脂肪酸の望ましい摂取比率は1:1から1:4であると言われているのですが、典型的な西洋での食事ではω-3脂肪酸とω-6脂肪酸の比率は 1:10から1:30の間で、ω-6脂肪酸の摂取が極めて高い実態にあるというのです。

健常者と比較してうつ病患者はω-3脂肪酸の蓄積量が低くω-6とω-3の比率は有意に高かったことが指摘されているそうです。
又、最近多い産後うつでは、シーフードをたくさん摂取するところほど母乳内のDHAは高く、産後うつ病の有病率は低かったそうです。
母体から胎児へ取られるためにω-3脂肪酸が減ってしまい、結果として産後うつの危険性に関する可能性があるのではないかということです。
ω-6脂肪酸は、ベニバナ油、グレープシードオイル、ヒマワリ油、コーン油、大豆油、ゴマ油などの食品に多く含まれています。
これらの植物油が悪いのではなく、ω-3脂肪酸とω-6脂肪酸の比率が大切で摂取量を考えなければなりませんね。



posted by 健康オタク at 02:19| 物忘れ 健脳

     スポンサードリンク